ついにiPhone7には耐水性能が搭載されました。

ですがappleのホームページを見てみますと下の方に小さく

iPhone 7とiPhone 7 Plusは防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えており、実験室の管理された条件下でのテストにより、IEC規格60529にもとづくIP67等級に適合しています。防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。iPhoneが濡れている場合は充電しないでください。クリーニングと乾燥の方法についてはユーザガイドをご覧ください。液体による損傷は保証の対象になりません。

と書かれており、水没による損傷は保証の対象にはならないようです。

経年劣化により耐水性能も劣化する可能性があるとのことなので、積極的に水辺でガシガシ使うような過度な信頼はせずに

もしものときの保険的な心持ちでいたほうが良さそうです。

したがってiPhone7でも十分水没の可能性は潜んでいます。

万が一、水没させてしまった時は焦らず以下のことをこころがけてください。ただし、あくまで一時的な応急処置であることをお忘れずに。

 

・電源がついているときはオフにします。

・充電ケーブルをさす等、出来る限り通電させることは避けます。

・可能な限り水分を拭き取ります。ただし、余計なところに水分が入ってしまうのを避けるため、端末を振って水分をとろうするのは厳禁です。

 

また、水に濡らしてしまったら何とか乾かそうとするのが人の常ではありますが、ドライヤーの温風で乾かすのは絶対にやめて下さい。iPhoneのバッテリーはリチウムイオンバッテリーであり、これは熱に弱いものです。ドライヤーの温風を当てることによりバッテリーが急速に劣化してしまったり、バッテリー自体が膨張してしまったり、最悪の場合はバッテリーが発火・爆発してしまうといった大事を引き起こす原因となります。

そして一番大事なことは、水没時は出来る限り早く専門業者に依頼することです。

専門業者による適切な水没処理を行うのが遅くなればなるほど、iPhoneの復旧の確率が下がってしまいます。これは水に濡れてしまったところから腐食が始まり徐々にダメージが広がってしまうからです。

例え今は使えていても、適切な処理をしなければ後々ボタン類の一部が効かなくなってしまうといった不具合が発生したり、使用中に電源が落ちてしまいそれ以降電源が入らなくなってしまったり、最悪の場合は内部の基盤にまでダメージを与えてしまい取り返しの付かないことになってしまいます。

ですので、このようなことになってしまい大事なデータが消えてしまったり、取り出せなくなってしまう前にすぐに専門業者に依頼することをおすすめします。

 

もちろん当店ifc新宿店は水没修理・水没復旧を承っております。

当店の直近の水没復旧率は何と100%ですので、iPhoneを水没させてしまってお困りの方はぜひifc新宿店へお越しください。

また、ifcは基盤修理も承っております。水没により基盤がショートしてしまっていたり、他店にて水没復旧しなかったiPhoneからどうしてもデータを取り出したい場合等はご依頼ください。

ご来店お待ちしております。

 

iPhone水没修理 4,500円(税別)

iPhone基盤修理 25,000円(税別)

 

ただいまifc新宿店ではキャンペーンを行っております。

iFCアプリをダウンロード・会員登録をして頂いたお客様限定で
修理料金を一部値下げ致しております!!

ダウンロード・会員登録ともに無料ですので、ぜひご利用下さい!!

iFC公式アプリ https://appsto.re/jp/2Maddb.i

【HP】iphone修理価格

 

ifc新宿店
東京都新宿区新宿4丁目2-20 MKビル2階
TEL:03-5357-7976
HP: http://iphoneshinjuku.com mail: info@iphoneshinjuku.com