iPhone修理におけるガラス割れと液晶割れ・液晶破損の違いについて

 

iPhoneのフロントパネル修理には「ガラス割れ」と「液晶割れ・液晶破損」の2種類の料金が明示されており、

自分がどちらに該当するのか悩まれたことはありませんか。

今回は、自分のiPhoneがどちらに該当するのか簡単な見分け方をご説明致します。

液晶割れ・液晶破損とは、その名の通り液晶が破損してしまっていることです。

 

症状としましては、

 

タッチ全く効かない、または一部効かない箇所がある

 

液晶に縦線が入ってしまっている

20160816_170752

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒いシミがある

20160816_172146

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黄色いシミがある

20160816_173033

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、表面のガラスが細かく割れているとガラスの下の液晶を傷つけてしまっているため、

上記のような分かりやすい症状が見られない場合でも液晶割れ・液晶破損になってしまう可能性があります。

 

これに対してガラス割れは、純粋に表面のガラスが割れてしまっているものです。

電車などでよく見かけるものの多くがこれに該当します。

ガラス割れは、怪我の危険性・視認性の低下に目を瞑れば使い続けることは出来るため

短期的にはいいかもしれません。

しかし、次第に液晶の一部に黒いシミが出てきたり、タッチが効かなくなったりと

使用継続が困難になってしまい修理せざるを得ない状況に陥ってしまいます。

そうなってからでは液晶割れ・液晶破損になってしまうため、純粋なガラス割れと比較すると修理料金が高くなってしまいます。

したがって、長期的に見れば高い出費を強いられることになります。

結果的に修理するのであれば、安全面・金銭面においても液晶割れ・液晶破損になってしまう前に

純粋なガラス割れの状態で早期に修理依頼されることをオススメ致します。

 

 

ただいまifc新宿店ではキャンペーンを行っております。

iFCアプリをダウンロード・会員登録をして頂いたお客様限定で
修理料金を一部値下げ致しております!!

ダウンロード・会員登録ともに無料ですので、ぜひご利用下さい!!

iFC公式アプリ https://appsto.re/jp/2Maddb.i

【HP】iphone修理価格

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ifc新宿店
東京都新宿区新宿4丁目2-20 MKビル2階
TEL:03-5357-7976
HP: http://iphoneshinjuku.com mail: info@iphoneshinjuku.com